防災情報提供センター

防災情報提供センターは、全国のさまざまな災害の情報を速やかに知らせることを目的としています。
災害が起こったとき、だれもが最もほしいのは「情報」です。
災害の規模、被害状況など、人によって異なりますが、だれもが正確な情報をほしがっているのです。
防災情報提供センターは、気象庁によって運営されています。
地震だけでなく渇水や洪水、台風情報などを、できるだけリアルタイムで国民に提供していきます。
自然災害は、だれにも食い止められません。
しかし情報を得ることで、被害をできるだけ少なくすることはできるのです。
防災情報提供センターは、その役割を担っています。
地殻変動情報や火山情報などがリアルタイムで更新され、活断層の情報なども提供されています。
防災情報提供センターがこれらの情報をいち早く伝えることで、さまざまな災害に対する備えもできます。
防災情報提供センターには道路情報もあるので、災害によって通行止めになった道路を確認することができます。
潮位の情報もあるので、海難事故の防止にもつながります。
防災情報提供センターを上手に活用することで、さまざまな自然災害の被害を、できるだけおさえることができるといえるでしょう。